深い香りに誘われて
森をランタン片手に
真っ暗な抜け道を
掻き分けた先に。